深川夏眠の備忘録

自称アマチュア小説家の雑記。

ブックレビュー『母娘短編小説集』

19世紀末から20世紀末にかけてアメリカの女性の作家によって書かれた、 母と娘の関係に焦点を当てた 短編小説のアンソロジー『母娘(ははむすめ)短編小説集』(平凡社ライブラリー) を読了。 全9編中6編が南部出身作家の作品で、 いわゆるディープサウス…

100分de名著『フロイト 夢判断』

テキストを読みつつ番組を見て思ったことなどを(1ヶ月遅れですが)。 フロイト『夢判断』 2024年4月 (NHKテキスト) 作者:立木 康介 NHK出版 Amazon www.nhk.jp テキストまえがき■はじめに(立木康介) 第1回 「無意識」の発見と夢分析 第2回 夢形成のメ…

ブックレビュー『捜査・浴槽で発見された手記』

スタニスワフ・レムの長編2編カップリング、 国書刊行会『捜査・浴槽で発見された手記』読了。 捜査・浴槽で発見された手記 (スタニスワフ・レム・コレクション) 作者:スタニスワフ・レム 国書刊行会 Amazon 捜査(Śledztwo,1959) 浴槽で発見された手記(P…

映画鑑賞記『Chime』

Roadstead からリリースされた黒沢清監督の短編映画『Chime』を購入、 鑑賞しました。 roadstead.io 一つのコンテンツを対価を払って購入し、 所定のページにアクセスして何度も鑑賞できる仕組みなのですが、 リリース本数には上限があります。 そして、販売…

ブックレビュー『ラヴクラフトの遺産』

ラヴクラフトに影響を受けた英米の作家によるオマージュ・アンソロジー、 ワインバーグ&グリーンバーグ=編『ラヴクラフトの遺産』(創元推理文庫)読了。 ラヴクラフトの遺産 (創元推理文庫) (創元推理文庫 F ラ 1-11) 作者:F.ポール ウィルスン,ブライア…

最新ショートショート公開。

KAC20245「はなさないで」をクリアしました。 kakuyomu.jp その4をスルーし、その5の出題を見て、どんな話にしようか、 すぐ思いついたのですが、 出かけたり帰ってきたら微妙に体調が悪かったりして、今朝の投稿に。 ともかくも、タイトルは「ガーディア…

最新ショートショート公開。

KAC20243、お題「箱」をクリアしました。 kakuyomu.jp その1、その2はまったく手を出す気にならず、ここに来てようやく重い腰を上げ。 タイトルは「聖遺物箱」。 小箱を巡る奇譚(?)です。 kakuyomu.jp 掌編「聖遺物箱」雰囲気画 by Midjourney 。 en.wi…

映画鑑賞記『226』

録画しておいた映画『226』を2月26日に鑑賞。 BS松竹東急さん毎度あり。 226 [DVD] 萩原健一 Amazon あの頃映画 「226」 [DVD] 萩原健一 Amazon あの頃映画 the BEST 松竹ブルーレイ・コレクション 226 [Blu-ray] 萩原健一 Amazon THE FOUR DAYS OF S…

ブックレビュー『結婚式のメンバー』

『心は孤独な狩人(The Heart is a Lonely Hunter,1940)』に続いて カーソン・マッカラーズ『結婚式のメンバー(The Member of the Wedding,1946)』 を読了。 結婚式のメンバー (新潮文庫) 作者:カーソン・マッカラーズ 新潮社 Amazon 結婚式のメンバー (1…

映画鑑賞記『ドッペルゲンガー』

ノーマークだった『ドッペルゲンガー』を鑑賞@BS松竹東急サンいつもアリガトウ ドッペルゲンガー [DVD] 役所広司 Amazon ja.wikipedia.org とは言ってみたものの、一見して「何じゃコリャ??」ww かなり変な映画です。 ホラー×コメディというか。 医療機器…

映画鑑賞記『顔』

阪本順治監督の2000年の映画『顔』を鑑賞。 実際に起きた事件を下敷きにしつつ、ストーリーは完全オリジナル。 去年BS松竹東急でオンエアされたことに気づくのが遅かった……のだけど、 またやってくれたので、今度は忘れず録画しまして。 これもクライムサス…

ブックレビュー『心は孤独な狩人』

カーソン・マッカラーズ『心は孤独な狩人』(The Heart Is a Lonely Hunter,1940) 読了。 キリのいいところで休止して別の本を先に読む(3冊!)という暴挙に出たので 年を跨いでしまった……。 心は孤独な狩人(新潮文庫) 作者:カーソン・マッカラーズ 新…

最新ショートショート公開。

2024年の二発目、タイトルは「キンギョソウ」。 kakuyomu.jp カクヨム短編賞創作フェス③(最終回)《秘密》参加用の書き下ろし。 kakuyomu.jp ショートショート「キンギョソウ」イメージ画 by Midjourney有料版 時間潰しにやって来た彼氏に幼稚園時代の思い…

最新(超)ショートショート公開。

2024年一発目、タイトルは「垂雪」。 しずりゆき、と読みます。 木の枝などから滑り落ちてくる雪のこと。 kakuyomu.jp kotobank.jp カクヨム短編賞創作フェス①《スタート》参加用の書き下ろし……ですが、 この内容はちょっと無理があるかな(苦笑&反省) kak…

喪中につき〔以下略〕

ご挨拶は省略させてもらいまして、と。 しばらくぶりにインド料理を堪能したのですが、 初訪問のお店だったのでした。 ナン&カリー メニュー名は失念しましたが、 トマト風味の強い、まろやかでスパイシーなチキンカレーをいただきました。 真ん中の白い物…

ブックレビュー『シェイクスピアの記憶』

J.L.ボルヘス『シェイクスピアの記憶』(岩波文庫)読了。 収録作の三編は『バベルの図書館22 パラケルススの薔薇』(国書刊行会)で 既読だったが、本邦初訳の表題作のために購入・読了。 シェイクスピアの記憶 (岩波文庫 赤792-10) 作者:ホルヘ・ルイス・…

最新ショートショート公開。

2023年の〆です。 3600字ほどのショートショートを書きました。 掌編「オンブロフォビア」イメージ画像 by Midjourney有料版。 romancer.voyager.co.jp kakuyomu.jp 題して「オンブロフォビア」。 雨恐怖症、です。 ejje.weblio.jp BGMには是非こちらを。 yo…

ブックレビュー『奇想版 精神医学事典』

春日武彦先生の最新刊『恐怖の正体――トラウマ・恐怖症からホラーまで』 読了後、既刊『奇想版 精神医学事典』というとびきり面白そうな本に飛びついた。 fukagawa-natsumi.hatenablog.com 恐怖の正体 トラウマ・恐怖症からホラーまで (中公新書) 作者:春日武…

映画鑑賞記『回路』

今年、俄然お世話になり始めたBS松竹東急さん、 ありがとう黒沢清監督の『CURE』を観させてくれて、 ついでにもう一声『回路』もお願いできませんかね……と 心の中で呟いていたら叶いました、ハハハ。 fukagawa-natsumi.hatenablog.com fukagawa-natsumi.hate…

映画鑑賞記『市子』

12/7(木)夜、夫が「ラジオ番組で杉咲花主演映画の話題が……」と切り出した。 が、パーソナリティがネタバレを避けるため非ッ常~に遠回しな説明に終始し、 要領を得ないので却って気になる、と(笑)。 それなら見てみようやないかい、とて即・座席予約。 …

ブックレビュー『恐怖の正体――トラウマ・恐怖症からホラーまで』

昔は春日ファンを自称していたのですが、めっきりご無沙汰で。 『しつこさの精神病理』(2010年)辺りから、ちょっと説教臭くなってきたぞ ……と思うようになったせいか。 しつこさの精神病理 江戸の仇をアラスカで討つ人 (角川oneテーマ21) 作者:春日 武彦 K…

ブックレビュー『殺人者たちの「罪」と「罰」~イギリスにおける人殺しと裁判の歴史』

英国の事務弁護士ケイト・モーガン初の著書、草思社: 『殺人者たちの「罪」と「罰」~イギリスにおける人殺しと裁判の歴史』読了。 原題はシンプルに MURDER:THE BIOGRAPHY 。 かの地における古来から現代までの正しい〈裁き〉を巡る考察。 殺人者たちの「…

ブックレビュー『蟇の血』

近藤ようこ による田中貢太郎「蟇の血」コミカライズを初めて読んだ。 蟇の血 (ビームコミックス) 作者:近藤 ようこ KADOKAWA Amazon 蟇の血 (ビームコミックス) 作者:近藤 ようこ KADOKAWA Amazon 恥ずかしながら長らくこの本の存在を知らず、 たまたまバッ…

【続々報】追加納品+α完了。

またまた先日の話の続きです。 fukagawa-natsumi.hatenablog.com 架空ストアさんに在庫品の追加納品をしました。 store.retro-biz.com また、拙作に限らず 各出品者さんの商品をお買い上げの方に同送されるフリーペーパーも 預かっていただきました。 架空ス…

【続報】架空ストアさん用フリペ完成!

先日の話の続きです。 fukagawa-natsumi.hatenablog.com 架空ストアさんに預かっていただくフリーペーパー(A4)が出来ました。 store.retro-biz.com ネット非公開の書き下ろしショートショート 「イル・フロッタント -îles flottantes-」を掲載。 短歌二十…

最近書いていますか?‐2023②

やれやれ、11月も半ばになって、やっと今年二度目のこのタイトルだ。 fukagawa-natsumi.hatenablog.com 6月末まではリンクを貼った過去記事のとおりです。 その後何をしていたかというと…… 7月 歯医者通い、その他。 親知らず4本のうちラスボス的なエグイ…

映画鑑賞記『BAD LANDS』

原田眞人監督×安藤サクラ主演『BAD LANDS』を鑑賞。 やっと観ることが出来ました。 9月中旬に田園都市線広告ジャックをしていたじゃないですか、 あれを見て「うぉサクラさんんん」と思って。 しかし、時既に遅く、予想どおりパンフレットは売り切れでした…

ブックレビュー『夢みる宝石』(新訳)

スタージョン『夢みる宝石(The Dreaming Jewels,1950)』新訳を読了。 寂しがり屋の人間嫌い、ないものねだりの変人スタージョン(←個人の見解です)の 処女長編……というほど長くはないSF幻想ビルドゥングスロマン。 夢みる宝石 (ちくま文庫 す-31-1) 作者:…

ブックレビュー『アメリカン・サイコ』の周辺。

ミカコの思い出。 かつて勤務した女だらけのオフィスに在籍していた大学生アルバイト、ミカコの話。 もっとも、私の方が後から入ったので、 年下の彼女にいろいろ教わる立場だったのだが。 ある日、ミカコが言った。 「『アメリカン・サイコ』読んだ???」…

掌編イメージ画像リニューアル。

旧作「甘い蜘蛛の糸」のイメージ画を作り直しました(by Midjourney有料版)。 ハロウィン掌編「甘い蜘蛛の糸」イメージ画像。 Midjourney先生が進化して、ごくシンプルな文言で なかなか情報量の多い絵をパッと出してくれるようになって、 ありがたいこって…