深川夏眠の備忘録

自称アマチュア小説家の雑記。

ダークサイドミステリー《心霊と恐怖の仕掛け人 中岡俊哉》

NHK-BS ダークサイドミステリー《心霊と恐怖の仕掛け人 中岡俊哉》

録画視聴。

 

www.nhk.jp

 

1970年代、オカルトブームの立役者。

ここで言うオカルトとは超能力、心霊現象、UMA、宇宙的恐怖、

ノストラダムスの大予言……等々。

 

ja.wikipedia.org

 

浪曲師だった祖父から語り部としての資質を受け継いだのか、

中国でアナウンサーを務めつつ、現地の奇談を蒐集した中岡は、

帰国後、多数の持ちネタを雑誌に持ち込んだ。

それは何と少女フレンド

 

ja.wikipedia.org

ja.wikipedia.org

 

《世にもふしぎな事件》と題した、実話という触れ込みの怪事件簿。

具体的な日付・地名を挙げてリアリティを持たせた

エピソードは100以上!

まだ恋愛モノが少なかった少女雑誌において、

読者の好奇心を刺激する恐怖体験話がウケた由。

恐怖×乙女=オカルトブーム

 

執筆依頼が増えると共に中岡の作風は変化。

写真を多用し、自らリポーターを務めるリアル体験記に。

(恐山のイタコ見学など)

 

ja.wikipedia.org

 

そして、テレビ界に参入。

世界を飛び回って情報収集。

 

やがて、ユリ・ゲラーの登場で日本に超能力ブームが巻き起こったが、

中岡は不満を覚えたという。

それは彼に言わせると番組の作り方、素材の見せ方が下手だったから。

曰く「視聴者に科学的研究の必要性を感じさせねばならないのに……」。

そして、テレビとの間に溝を感じるようになっていった――。

 

ja.wikipedia.org

 

オカルトというテーマはオープンエンドなので、

テレビでは使いやすかったのだろう――と、解説者。

しかし、結論を観る者に委ねるスタイルにおいては、

視聴率のために犠牲にされる部分が数多あり、

中岡のポリシーと食い違う点が多くなっていき、結果、

彼は超能力より心霊写真を取り扱うことに軸を移した。

 

中岡は怪しい写真に独自の解説を付し、

地縛霊・浮遊霊といったキャッチ―な造語を生み出した⇒恐怖の発明

(撮影上の失敗などには触れなかったところがミソ)

多くの場合は、実質、シュミラクラ現象をエンタメ化したものだったが、

高度経済成長によってカメラが一般に普及した影響も大きく、

平凡な日常を非日常に変えることに成功した。

 

ja.wikipedia.org

 

大人向けの娯楽を狙ったはずだったが、

図らずも子供にウケて一大ブームに。

そこには未知なるものを発見する喜びがあり、また、

特殊な能力を持たずとも特異体験が可能だとの認識を広めることに貢献。

視聴者参加型番組ゆえの盛り上がりは現在のSNS実況の礎石……?

 

ところが、霊能力者と称する人たちがテレビに進出したことに

中岡は違和感を覚え、袂を分かった。

その後、1980年代には霊感商法詐欺が横行し、

霊能力および霊能力者の信憑性を下げてしまったと大激怒。

 

晩年はヒーリングパワーの研究に没頭し、2001年病没(享年74)。

著書以外の一切の資料を破棄せよと遺言して――。

これは上記の詐欺等を踏まえて、悪用を危惧してのことだったとか。

 

ja.wikipedia.org

 

解説者のまとめによると、

大昔は心霊鑑定と言えば宗教者の役目で、奇怪な出来事の原因を

どこかに求めた(例えば五十年前に動物を殺したせいだ、とか)

ものだったが、時代が下ると怪異がどんどんカジュアルになり、

因果とは無関係になってしまった由。

 

巷間に流布する現代の恐怖物語のベースを醸成したのが

1970年代のオカルトブームであり、マスの時代のコアとなった。

1980年代には

人々の好みは様々なグループに細分化されていったけれども、

結局、形を変えて尚、サブカルを席巻しているのが、

かつてのコアだったオカルトなのである……といったところか。

 

ともあれ、

不可解な出来事を大袈裟に盛り過ぎるテレビ的演出に嫌悪感を示したり、

人を怖がらせたり不思議がらせたりする事象を不正に利用するのを

戒めたりしたところに、

中岡氏の倫理観の高さ、人間としての真っ当さを感じる。

名前と経歴を聞いて何となく胡散臭さを覚えていたことを反省した💧

 

ja.wikipedia.org

 

【余談】心霊写真と言えばわたくしが提供できるネタはこれっきり。

 

kakuyomu.jp

 

ブックレビュー『チベット幻想奇譚』

twitterで情報が流れてきて興味を持ったので購入、読了。

 

 

現代チベットの作家の掌短編集で、幻想的な作風に的を絞ったもの。

原著はチベット語または中国語で書かれた作品、全13編。

諸外国人から見たステロタイプチベットではない、

当地の普通の生活者の日常――の延長線上にある、信仰と怪異の情景。

 

   *

 

まぼろしを見る

 

 ■ ツェリン・ノルブ「人殺し」(2006年)

  トラック運転手の〈俺〉は

  山道で布団とヤカンを背負った男を助手席に乗せてやった。

  それは東チベット人(カンパ)の男で、

  かつて父を殺した人物を探して復讐するのだと言う。

  彼のことが気になった〈俺〉は、

  彼が狙っているのがマジャという人物だとの情報を得たが……。

 

 ■ ツェラン・トンドゥプ「カタカタカタ」(1989年)

  カタカタカタ……という謎の音に神経を逆撫でされる男。

 

 ■ タクブンジャ「三代の夢」(1989年)

  土地の神ゴンボ・ラグルと契った女が生んだ子供の孫に当たる

  22歳の美女ホワルツォは、

  文革期に父ラキャプに苦しめられて亡くなった

  村の長老の呪いから逃れられず……。

  現代の青年たちの雑談と交錯する古い因縁話――という、

  短いにもかかわらず複雑に入り組んだ構成の作品。

  神話と下世話な風説が一繋がりになる魔術的な物語。

  人物相関図のお陰で混乱せずに済んだ。

 

 ■ リクデン・ジャンツォ「赤髪の怨霊」(1990年)

  山間の集落で権勢を振るう行者タムディンを震え上がらせる赤髪の怨霊。

  居並ぶ人々も恐怖に包まれて事の成り行きを見守ったが――。

  どんな無惨な展開になるかと思いきや、

  怨霊は意外に慈悲深く(笑)……。

 

Ⅱ 異界/境界を越える

 

 ■ ペマ・ツェテン「屍鬼物語・銃」(初出不明)

  インドからチベット、モンゴルにかけて流布するという

  枠物語である「屍鬼物語」のヴァリエーション。

  連作の中の「銃」というエピソード。

  墓場の屍鬼ングートゥプチェンを革袋に入れて

  師である聖者ルドゥプ・ニンボに届けようとするデチュー・サンボ。

  途中、口を利いたら最初からやり直し(賽の河原か!)。

  何とか喋らないよう、懸命に堪えるデチュー・サンボだが、

  ングートゥプチェンは興味深い未来の物語を口述して誘惑するのだった。

  曰く――(p.88)

 

「おい、日も長いし、疲れたな。長い道のりは馬で行った方がいいが、馬はおまえさんにもないしおいらにもない。そうでなけりゃ長い道のりは語りで乗り切るのがいい。物語ならおまえさんも語れるし、おいらも語れる。おまえさんが物語を語っておいらが聞くか、あるいはおいらが物語を語っておまえさんが聞くかどっちにするかね」

 

 ■ エ・ニマ・ツェリン

  「閻魔への訴え」(初出不明)
   善良な亡者たちの閻魔大王への切ない訴え、その他。
  「犬になった男」(初出不明)
   自宅の飼い犬の仔に生まれ変わった男の絶望。

 

 ■ ランダ「羊のひとりごと」(1992年)

  一頭の羊が語る悲劇。

 

 ■ ゴメ・ツェラン・タシ「一九八六年の雨合羽」(2013年)

  1986年、小学二年生のタシは

  黄色いレインコートをお土産に貰って大喜び。

  雨が降れば着られるのに……と思うが、村は日照りに見舞われていた。

  解説によれば、時代は文革が終わって数年後、

  人々が生活に希望を見出し始めた頃。

  雨乞いの儀式に必要な黄色い衣が村にない=文革による僧侶の不在を表し、

  また、ビニール製のレインコートは物質文明の到来を示唆しているという。

  それにしても、タイトルを見た瞬間「1986年」と「雨」で

  チェルノブイリ(チョルノービリ)原発事故を連想してしまったわ……。

 

ja.wikipedia.org

ja.wikipedia.org

 

【タイトル、正しくは「去る四月二十六日」】

youtu.be

 

Ⅲ 現実と非現実のあいだ

 

 ■ ツェラン・トンドゥプ「神降ろしは悪魔憑き」1984年)

  村の憑坐の実態(笑)と少年のクールな眼差し。

 

 ■ レーコル「子猫の足跡」(2016年)

  母猫に「ほら貝」と呼ばれる子猫、三兄妹の次男坊の目に映る、

  家族と飼い主一家の様子。

  最後までほのぼのとした雰囲気を期待していたが、

  結末は無情(読むのが辛かった)。

  解説によると、地方から都会=外の世界へ出て

  アイデンティティの問題に苦しむ若者の様子を投影している、とか。

 

 ■ ツェワン・ナムジャ「ごみ」(2016年)

  ゴミの山に通って目ぼしい品を集めるタプンは、ある日

  とんでもないものを見つけてしまい……。

 

ランダ「一脚鬼カント」(1996年)

 災いを起こすとされる《お化け》=一脚鬼(デ・カント)を巡るドタバタ。

 

   *

 

異文化圏の様相を垣間見る新鮮な読書体験だったが、

生活様式は多少違っても、

人間が喜んだり怖がったりする「もの」「こと」は、やっぱり同じだと納得。

それにしても、巻頭ツェリン・ノルブ「人殺し」のインパクトが強烈過ぎて、

他が幾分霞んでしまったのが残念。

「人殺し」は、

本来別個の存在である二者が時空を超えて合一するボルヘス的幻想譚の趣。

〈俺〉は復讐しそこねたカンパの男にひどく同情したのか、あるいは単に――

夢の中ででも――人を殺したいという欲望を抱えていたのだろうか……。

 

ところで、装丁ならぬ装釘は宗利淳一さん。

三冊目の出会いです!

 

 

www.weblio.jp

 

Romancer『掌編 -Short Short Stories-』更新。

KAC2022参加作品のうち3編を

Romancer『掌編 -Short Short Stories-』に収録しました。

 

romancer.voyager.co.jp

 

kakuyomu.jp

 

月と吸血鬼(的な何か……)が絡まない、

タイトル二字熟語限定の小品群です。

ご笑覧ください。

 

とは言ったものの、今回こちらサイドの新作は

我ながら……ちょっとどうも……(ゴニョニョ)。

 

fukagawa-natsumi.hatenablog.com

 

『掌編 -Short Short Stories-』表紙画像。

 

Romancer『月と吸血鬼の遁走曲(フーガ)』更新。

KAC2022参加作品のうち8編を

Romancer『月と吸血鬼の遁走曲(フーガ)』に収録しました。

 

romancer.voyager.co.jp

 

kakuyomu.jp

 

月と吸血鬼(的な何か……)に関する小品群です。

ご笑覧ください。

 

今回はカタカナ一語タイトルに偏りがちで、

それではmyルール上『掌編 -Short Short Stories-』には

入れられないから

強引にを捻じ込んで『月と吸血鬼の遁走曲』送りにしてやろう!

てな具合でしたなぁ……。

 

romancer.voyager.co.jp

 

ともあれ、これで一区切り。

 

ブックレビュー『テュルリュパン~ある運命の話』

20世紀前半にウィーンで活躍したユダヤ系作家

レオ・ペルッツ(1882-1957)の(わりと短い)長編小説

『テュルリュパン~ある運命の話』読了。

 

 

舞台は17世紀のフランス、目障りな貴族を一掃しようと目論んだ

リシュリュー公爵ことルイ13世の宰相

アルマン・ジャン・デュ・プレシーの企てを阻止せんとした(?)

謎の人物を巡る物語。

 

ja.wikipedia.org

 

空想癖のある理髪師の青年タンクレッド・テュルリュパン

実の親を知らないが故に、

本来歩むはずだった道をあれこれ思い描きながら暮らしていた。【*】

そんな自分の行いを神様が見ているから……と、

顔見知りの葬儀に参列しようとした彼は、

てっきり宿なしの物乞いとばかり思っていた死者が

イル・ド・フランス世襲知事の

ラヴァン公ジャン・ジェデオンと聞いて驚くも、

喪に服す公爵未亡人の態度から、彼女こそ我が母に違いないと考えて――

頓珍漢な冒険の幕が上がるのだった。

 

【*】

 自分が何者かわからないからこそ、何者にでもなることが出来る――

 といった調子で、貴族の落胤だったらどうだろうか、あるいは……等々、

 様々な想像を膨らませるタンクレッドを、私は愚かだとは思わない。

 私なんぞ、どこの誰だか、

 どうしようもないほどハッキリしているにもかかわらず、

 ああでもない、こうでもない、もしそんなだったら今頃は……云々、

 あったかもしれない別の人生に

 ずっと想いを巡らして育ってきましたからね(笑)。

 それらを他者に虚言として開陳しなければ何ら問題はないワケで。

 ついでだからもう少し放言すると、

 現実生活における座り心地の悪さ、

 居たたまれなさを切に感じたことのない人に

 果たして小説が書けるものだろうかと考える次第。

 

タイトル=主人公のファミリーネームを

最初に見たとき「アルルカン(arlequin)」と通じ合う響きだな、

と思ったのだが、

訳者あとがきに「turlupin《古》大道道化役者[後略]」とあって、

満更ハズレでもなかったとほくそ笑んだ。

 

ja.wikipedia.org

 

タンクレッドは

歴史の流れを制御しようとした――但し気紛れに、単なる暇潰しとして――

が放ったジョーカーの札だったのかもしれない。

一読者としては、例えば投獄→解放→理髪店主(未亡人)の娘ニコルと再会、

結婚して店を切り盛り、もしくは、

ラヴァン公爵邸の小間使いジャヌトンと駆け落ちして、つまり、

いずれかの女性とペアになって幸せになってほしかったけれど……残念。

 

面白かったが、事前の期待値が高過ぎたかな。

『どこに転がっていくの、林檎ちゃん』ほどの衝撃は受けなかった。

いや、もちろん面白かったのですけども。

 

 

ところで、原著発表時(1924年)に書評家アルフレート・ポルガーが書いた

『テュルリュパン』評が収録されていて、大変興味深い。

p.224~225より引用。

 

  > 彼の本は読者に存在の新しい姿を伝えたりはしない。

  > 時代に風穴も開けないし、死や金欠病や不幸な(あるいは幸福な)

  > 愛を克服する助けにもならない。

  > 彼の本はあなたに永遠を約束したりはしないが、

  > あなたがそれを読む時間を誠実に満たす。

  > 豊かな酸素によってあなたに活力を与え、

  > 気候のよいところに転地療養をしたように流行本の邪気を払う。

  > そうした流行本は不定形で不安定なぶよぶよしたもので――

  > 塀の茸のように生えたと思ったらたちまち消え――

  > 造形力を欠くため混沌としていて、

  > おのれの浅はかさを隠すために嵩を膨らませる。

 

我が意を得たり(笑)。

そして、それこそが幻想小説の醍醐味ではないかしらん、

と思うのだった。

 

ja.wikipedia.org

 

ja.wikipedia.org

 

ブックレビュー『阿片常用者の告白』

トマス・ド・クインシー『阿片常用者の告白』読了。

 

 

先日の『夜の来訪者』同様、レスコフ真珠の首飾り』にて

既刊案内を目にし、そういえば読んでいなかったなぁ……と思って購入。

2017年第3刷。

 

fukagawa-natsumi.hatenablog.com

 

英国の批評家の自伝的散文集。

当時、町の薬局で誰でも買うことが出来た

アヘンチンキ(アヘン末をエタノールに浸出させたもの)に

耽溺した日々について。

 

ja.wikipedia.org

 

成分であるモルヒネの影響で特異な夢や幻視に見舞われた記述もあるが、

それらを期待して読んでみたものの、

「何故わたしは阿片に手を出したか」という事情と、

一抹の後ろめたさから来る言い訳(笑)の記述が大半だった。

 

第一部/読者へ~序の告白

 窮乏の折、長い空腹に耐えた結果、

 いざ知人宅に招かれてきちんとした食事を提供されても、

 身体が満足に食べ物を受け付けなくなってしまい、

 アルコールで気を紛らし、

 それが後にアヘンにスライドしていった――と著者は言いたいらしい。

 

第二部

 ●阿片の快楽

  1804年の秋、突然の歯痛に苦しみ、

  薬種商で阿片チンキを購入した著者は、

  服用すると巷間言われているように気分が沈むのではなく、

  むしろ快活になることや、

  当時コヴェント・ガーデン劇場に立っていたジュゼピーナ・グラシーニの

  歌声に酔い痴れたことを語る。

ja.wikipedia.org

en.wikipedia.org

 ●阿片の苦痛の序

  苦しみに耐えるより幸福を求めたいとの考えから、

  アヘンに溺れた著者だったが、

  1813年以降(1817年の中頃まで)は山間の別荘ダヴ・コテッジで

  妻マーガレットと平穏に暮らした。

  しかし……。

www.visitbritain.com

 ●阿片の苦痛

  アヘンに頼る生活の中で見た夢について。

  建築物の夢、湖水の夢、はたまた音楽の夢。

  しかし、結局、誘惑に打ち勝ってアヘンとは手を切ったと述べる。

 

付録

 計画されていた本編第三部が実現しなかった代わりに書かれた「おまけ」。

 喫煙者が断煙に至るまで

 日々少しずつタバコの本数を減らしていくかのように、

 阿片チンキの服用量をコントロールしようとした記録。

 だが、著者自ら、

 意志薄弱の故にところどころ量が逆戻りしていること(!)を認めている。

 

解説

 訳者が底本として改訂増補版でなく

 雑誌『ロンドン・マガジン』初出テクストを選んだ理由・事情、その他。

 増補版は読み物としては面白いけれども、話が脱線しがちだからだという。

 

著者は妻への愛情とは別枠で、

終生忘れ難い恩人である異性の友人を想い続けた、

義理堅いロマンティストだった模様。

 

ともあれ、19世紀ロンドンの様々な情景は味わい深い。

 

ja.wikipedia.org

 

最新ショートショート公開。

体調がすぐれず仮眠を取ろうと横になったら思いついた

しょーもない話を綴ってみました。

日常生活の中で積み重なった鬱憤を晴らすべく、

ちょいと怒りをぶつけた格好になりましたね。

とある分譲マンションの管理組合で採択された、

迷惑なポスティングを撃退する方法は……というSF冗談掌編。

題して「番犬」。

 

kakuyomu.jp

f:id:fukagawa_natsumi:20220417152808j:plain

HEY(塀)柴わんこカワイイよ……🐾💕

ご笑覧ください。

縦書き版はRomancer『掌編 -Short Short Stories-』目次からどうぞ。

romancer.voyager.co.jp

 

【追記】画像の柴犬は小説本文と無関係です(←当たり前だ💧)