深川夏眠の備忘録

自称アマチュア小説家の雑記。

チェコ・デザイン100年の旅

世田谷美術館で開催中の『チェコ・デザイン100年の旅』を鑑賞。

 

f:id:fukagawa_natsumi:20191012041020j:plain

チェコ・デザイン100年の旅@世田谷美術館

 

ミュシャをはじめとするアールヌーヴォーからキュビスム

アールデコ、そして、現代に繋がるプロダクトデザインまでを概観。

 

1F~2Fに渡ってドドン!

かと思いきや、この企画展示は1Fのみで、2Fは別物でした。

ちょっとしょんぼり。

とはいえ、独自の文化・美意識を保ちながら大国【※】の「圧」を受け、

影響されつつ、それでもやっぱりチェコチェコ

という流れがわかったし、矜持が感じられました。

(【※】オーストリア=ハンガリー帝国ドイツ帝国ソビエト連邦

カレル・チャペック『R.U.R.』初版本・他、美しい装丁の書籍も並んでいた。

 

f:id:fukagawa_natsumi:20191012042051j:plain

チェコ・デザイン100年の旅・半券

 

チケットのデザインに採用されたラヴリーなおもちゃは「悪魔」ですと!

かわい過ぎる💕

 

おもちゃと言えば、1点だけ、触ってもいいし撮影も可だったのがコレ。

 

f:id:fukagawa_natsumi:20191012042510j:plain

牛のビニール人形

 

ぷにぷにの「赤べこ」(笑)。

 

第二次世界大戦後、社会主義陣営の一国となり、工業化も進んで、

安価な家具・日用品が量産されるようになって、

誰もが同じ程度の暮らしを送り、似たようなモノを所有することになった――

との解説を読んで、なるほどと思いつつ連想したのは、

ブルース・チャトウィンの小説『ウッツ男爵』

(余談ですが、池内紀先生のご冥福をお祈り申し上げます)

 

 

個人の私有財産が悪と見なされた社会主義体制下で、

愛するマイセンのコレクションを守るために

あの手この手を使った男の悲喜交々。

 

シリーズ深読み読書会「悪魔が来りて笛を吹く」

NHK BS シリーズ深読み読書会「悪魔が来りて笛を吹く」を録画視聴。

(開口一番)いやぁ、鈴木杏ちゃん、キレイになったなぁ!!

イメージが2012年の『ヘルタースケルター』で固まっていたので、

妖艶な美女っぷりに驚いた(す、すいません……)!

 

【注】これは主演の沢尻エリカ様だ。

ヘルタースケルター スペシャル・プライス [DVD]

ヘルタースケルター スペシャル・プライス [DVD]

 

 

それはさておき。

横溝正史の都会派ミステリ、

戦後、旧華族の屋敷・椿邸に降りかかった惨劇を描いた

『悪魔が来りて笛を吹く』を深堀り。

 

この本は十年前に一度読んで手放してしまったので、

内容はうろ覚えだった(恥)。

ある単語のイントネーションの問題のことばかりが印象に残っている。

 

 

帝銀事件を大胆にフィーチャーしたかと思いきや、

本当のモチーフは高木子爵失踪・自死事件だったのでは……という深読み。

子爵の件と太宰治の死が同じ1948年だったことに着目。

テーマは斜陽、没落貴族の悲劇だ!――と。

 

真の探偵役は縺れた謎の糸を解こうとして亡くなった椿子爵であり、

金田一耕助は彼の亡霊に導かれるように足跡を追って、

目撃の追体験をするという筋立てになっており、

背後関係を探るためとはいえ、

暢気に現場を離れて休暇を満喫するかのような金田一の姿は、

愛すべき分身とも呼ぶべきキャラクターを旅に出させてあげたかった、

そして、机上で弥次喜多気分(?)を味わいたかった作者の親心だったのでは

……という“読み”に、ちょっとほっこり(笑)。

 

陰鬱な物語だが、最後に希望が感じられる、
残った善良な人々に幸あれ――といった趣は、

まさしく太宰の『斜陽』あるいはチェーホフ作品のようではないかと言われて、

因襲に縛られた古い「家」観、ひいては家父長制からの脱却を目指す、

戦後の女性たちへのエールだったのか、そうか……と、納得。

 

但し、旧来の「家」「家父長制」が斃れた分、

現代の新しい「敵」は姿が見えにくくなってしまっている、との指摘にも頷く。

まあ、そこから先は今&未来を生きる人たちにとっての課題、かな。

 

買い直して再読しようかしらん。

 

nhk.jp

 

アナザーストーリーズ「三島由紀夫 最後の叫び」

BS NHK『アナザーストーリーズ』10/08放映「三島由紀夫 最後の叫び」

録画視聴。

 

市ヶ谷駐屯地乱入事件は何故起こったか――を、

当時三島の間近にいた人たちの証言を元に検証。

90代の生き証人の述懐に基づく図解が、

わかりやすいが生々しくて怖かった(背部の刀傷!!)。

 

元東大全共闘メンバー(70代)は、

三島は論理的で優しく、軍国主義者という雰囲気でもなかったから、

楯の会なる組織を立ち上げたことに疑問を抱いたという。

 

その楯の会の構成員だった人は

新宿騒乱が早期に鎮圧されたため、「出番」を失って

手詰まり感に囚われた三島の焦りが暴走したのでは……と証言。

 

しかし、三島の言い分は「国民は伝統に則ってまとまるべき」というもので、

軍国主義に突き動かされていた風ではなかったとの評もあり。

 

同じくBS NHK「三島由紀夫×川端康成 運命の物語」でも指摘されていたが、

師と仰ぎつつ嫉妬してもいた川端康成ノーベル文学賞受賞、

翻って自身が受賞を逃したことが、

三島の文学外の行動に拍車を駆けたのでは……という話になっていく。

 

予てから熱心に三島を取材していた、当時のサンデー毎日記者・徳岡孝夫氏は、

事件当日、三島に呼び出されて市ヶ谷へ赴き、

楯の会メンバーから三島がしたためた檄文を預かり、後日、これを誌上に掲載。

徳岡氏曰く、三島は「いい人」だったが、

唯一の欠点は静かに年老いようとしなかったことだ、

生きて書き続けてくれればよかったのに――。

 

このコメントに深く頷いてしまった。

 

 1. 考えて、書く(実行しない)

 2. 考えて、書かない(が、実行する)

 3. 考えて、書いて、実行する

 

1が作家、2は活動家。

三島は表現者として3を狙って生き急いでしまったということか。

 

https://www4.nhk.or.jp/anotherstories/

ブックレビュー『猫は宇宙で丸くなる』

猫が活躍するSF中短編小説アンソロジー
地上編◆5作+宇宙編★5作。

 

 

 ◆ジェフリー・D・コイストラ「パフ」(Puff:1993年)
 ◆ロバート・F・ヤング
 「ピネロピへの贈りもの」(Pattern for Penelope:1954年)
 ◆デニス・ダンヴァーズ「ベンジャミンの治癒」(Healing Benjamin:2009年)
 ◆ナンシー・スプリンガー「化身」(In Carnation:1991年)
 ◆シオドア・スタージョン「ヘリックス・ザ・キャット」
 (Helix the Cat:1938/1939年)
 ★ジョディ・リン・ナイ「宇宙に猫パンチ」(Well Worth the Money:1992年)
 ★ジェイムズ・ホワイト「共謀者たち」(The Conspirators:1954年)
 ★ジェイムズ・H・シュミッツ「チックタックとわたし」(Novice:1962年)
 ★アンドレノートン「猫の世界は灰色」(All Cats are Gray:1953年)
 ★フリッツ・ライバー「影の船」(Ship of Shadows:1969年)

 

少し事前の期待値が高過ぎたかな~(笑)。
中には「別に猫でなくてもいいんじゃ……」みたいなものも。
そんな中でハートを鷲掴みにされたのが、
執筆年が一番新しいダンヴァーズ「ベンジャミンの治癒」。
愛猫の死を受け入れられない飼い主が必死で介抱したら、
特異能力が発露し、猫は生き返り、しかも、
不老不死になるわ、人間の言葉で会話出来るようになるわ――で、
願ったり叶ったりと言いたいところだったが、
それを他人に知られてはいけないので、様々な苦労が……という話。
男一人と猫一匹が旅に出る展開が素晴らしい。

 

【引用】p.78

 死に匹敵するものはない。死はほかに類例のないもので、癒しかたも治しかたもまったく知られていない。

 

そして、結末は、
これまた飼い主にとって理想的なエンディングだろうけれども、とても切ない。
グッと来た(涙)。

書き下ろし掌編「甘い蜘蛛の糸」出来!

Romancerの『月と吸血鬼の遁走曲(フーガ)』に追加したので、
目次をご覧ください。

 

f:id:fukagawa_natsumi:20191005151026p:plain

掌編「甘い蜘蛛の糸」サムネイル

 

カクヨムでは横書き版をお読みいただけます。

ハロウィンをお題に書いてみようというイベントに乗っかって
パパッと仕上げてみました。
まあ、私の中では万聖節といったらブラッドベリ「十月のゲーム」で、
どうにかして、あの手の不穏な空気を醸し出したかったので(笑)。

ともあれ、よろしくどうぞ m(_ _)m 。

#私がやってる創作をざっくり言う→小説を書いています。

カクヨムで旧作(長編)の投稿を始めました。

既存の短編小説を投稿しようとして、ハッと、
先に大本の長編を出さなきゃ何の話か全然わからないじゃないか!
と、気がついたので、些か手垢の付いたネタですが
自己最長編をカクヨムに掲載する運びとなりました。

 

あーあ、何やってんだ、あたしゃ(笑)。
まあ、パブーをやめてしまったので、代わりの場に横書き版を、
ということで。

縦書き版は既にRomancerに掲載済です。

本当はこっちが正しいんだよ、日本語で
日記や論文じゃなく、小説なんだから縦書きが!!!

書き下ろし掌編「愛書」出来!

ショートショートを書き下ろしました……十日ほど前に(笑)。
策があって、一定期間寝かせておくつもりだったのですが、
いいや、やっぱり出しちゃえ、と。
 
タイトルは「愛書」。
ちょっぴりメタフィクショナルな掌編です。
 
恵まれない境遇だったが容姿だけがスバ抜けていたので金持ちに見初められ云々
というストーリーを好まない私の「頭を使え!」というアンチテーゼ。
でも、罪を犯せば相応の罰を受けるぞ、と。
 
Romancerの『掌編 -Short Short Stories-』に追加したので、
目次をご覧ください。

カクヨムでは横書き版をお読みいただけます。
 
よろしくどうぞ m(_ _)m 。
 
#私がやってる創作をざっくり言う→小説を書いています。